ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

Mavicの使い勝手が大幅進化!携帯性に優れた「Mavic Air」

Google+

DJIの新型ドローンが1月25日に、都内にて発表された。登場したMavic AirはMavic ProとSPARKの間に位置する価格帯のドローンとなる。


Mavic Airは4K/30pの空撮を可能としたコンシューマー向けドローンだ。価格は、送信機とセットで税込価格10万4000円で、1月24日から予約を受け付けており、1月28日から順次出荷していく。また、送信機セットのほかに、バッテリ×3個、プロペラ6組、バッテリ充電ハブなどをセットにしたFly Moreコンボも税込価格12万9000円で用意する。カラーは3色のラインナップとし、オニキスブラック(黒)、アークティックホワイト(白)、フレイムレッド(赤)を販売する。なお、賠償責任保険が1年間無償付帯される。(要登録)

携帯性を高めたシンプルなデザイン

Mavic Proが743gなのに対して、重量はわずか430g。さらにアーム部分は折り畳める設計なのでDJI史上最も携帯性に優れたドローンといえる。空気力学の観点から最適に設計されたフレームにぴったりと収まり、収納された状態ではスマートフォンと同等のサイズとなる。

4k/30fpsの撮影を可能としたカメラ

性能を最大限に引き出したカメラは、フレーム内に保護された3軸ジンバルにより安定した撮影を可能とする。これは、3方向の衝撃吸収部から吊り下げることで実現した。

カメラは1/2.3CMOSインチセンサーと35mm判換算の24mm相当のF/2.8レンズを搭載し、高品質な写真と動画を撮影可能とした。

また、12MPの静止画ではHDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応し、コントラストの明暗を鮮明に再現する。

Mavic Airは4k/30fpsの撮影機能を搭載している。DJIのコンシューマー向け製品としては初めての搭載となる。動きの多いアクションシーンなどでは1080p/120fpsによるスローモーション撮影も可能だ。

撮影したデータはMicroSDカードスロットのほか、ドローンに内蔵された8GBのストレージに記録する。

遊び方が広がる様々な機能

・スフィアモード
クリエイティブワークの新しい可能性を拡大する撮影モードを搭載。25枚の写真を自動で撮影して合成するスフィアモードを使用することで、32MPの全天球パノラマ写真を、たった1分で作れてしまう。さらに、水平、垂直、180°のパノラマ撮影にも対応している。

・クイックショット
事前に飛行経路を設定しておくことで、被写体をフレームに収めながら、自動で飛行&撮影をする。また、撮影のモードには従来から設定されている、ロケット、ドローニー、サークル、ヘリックスのほか、新たにアステロイドとブーメランを追加した。アステロイドでは被写体の後ろに上昇し、飛行経路の終点でパノラマ撮影を行う。また、ブーメランでは、スタート地点からブーメランを飛ばしたように楕円形を描き周回する。

・アクティブトラック
Mavic Airでは、今まで以上に強化されたアクティブトラックを利用可能だ。新たに複数の被写体を検知できるようになり、追尾精度もより高度に進化した。被写体が走ったり、自転車に乗るようなシーンでも問題なく追尾できる。

・スマートキャプチャー
ジェスチャーを認識することで機体を操縦することができる。離陸から追尾、写真や動画の撮影、機体の前後操作を最大6mの新式範囲で行える。

安全な飛行をサポートするセンサー

スマートなボディで安全に障害物や複雑な環境を飛行する。また、搭載されたフライトオートノミー2.0により、7台のビジョンシステムを赤外線センサーからデータを収集し、周辺環境の3Dマップを作成する。これにより、ホバリング性能を向上したり、飛行性能を向上することに成功した。最大20m先までの障害物を検知することができる。さらに、高度操縦支援システム(APAS)を搭載しており、障害物を能動的に自動回避し、飛行中の安全をサポートする。

Mavic Airの最大飛行時間は約21分を可能とした。最大風速10m/sまでの耐風性と海抜最大5000mまで安定した飛行が可能。送信機には、着脱式のコントロールスティックを採用。持ち運びの際には送信機内部に収納できる構造だ。信号範囲の向上を実現したアンテナは、720pのリアルタイム伝送を最大範囲2㎞まで可能とした。

スポーツモード(Sモード)に切り替えることで、飛行速度が最大時速約68.4kmに達する。DJIゴーグルと繋ぐことでFPVも楽しめる。


海外をMavic Airで撮影したPVを公開

製品発表会ではプロトラベラーのAOIさんをゲストとして招いた。


AOIさんはMavic Airをパラオに持ち込み、作成したビデオを公開し、海外旅行での使い勝手や実際に使用した際に役立つ機能などを実体験で紹介してくれた。今後はより奥行きのある景色や、ドローンならではの撮影ポイントを探求しながら楽しみたいと心を高ぶらせた。


■問い合わせ
DJI

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。