ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

表現の自由度を拡張するDJIの4K対応アクションカメラ「OSMO ACTION」発売

Google+

DJIは4K/60fpsの100Mbps動画、デュアルスクリーン、EISなどの高度な技術を搭載した防水アクションカメラ「OSMO ACTION」を5月17日より4万4820円(税込)で発売します。

●Written by 芹澤 優斗(Yuto Serizawa)
●Photo by 芹澤 優斗(Yuto Serizawa)


過酷な環境にも対応したコンパクト頑丈な小型カメラ

新たに発表となったOSMO ACTIONは、前面(1.4インチ)と背面(2.25インチ)にそれぞれ超高輝度カラースクリーンディスプレイを搭載。ボディには電源ボタン、シャッターボタン、QSボタンの3つが設けられ、タッチディスプレイと組み合わされたシンプルな操作構造に加えて、コンパクトでありながら頑丈な構造が特徴的です。

前面にはvloggingやセルフィーをこれまでに以上に簡単にするための、1.4インチのディスプレイが採用されました。カメラの設定などを行う背面ディスプレイには、水や指紋を弾くコーティングを施した2.25インチのタッチディスプレイを搭載。またディスプレイの明るさは750nitとなっており、直射日光などの過酷な条件でも使用することができます。

OSMO ACTIONは、防塵性能、耐衝撃性、11mの防水性を備え氷点下でも動作します。本体はタッチ式のディスプレイに加え、撮影モードをすばやく切り替えるQSボタンも搭載。さらに、SnapShot機能も搭載しており、スリープモードや電源がオフの場合であっても、シャッターボタンを押すだけで電源がオンになり、2秒以内にプリセットの撮影を行うことも可能。

センサーには、1/2.3インチのCMOSを搭載し、12MPの写真や、4K/60fps、最大100Mbpsの動画を高画質で撮影できます。3枚ガラスの非球面レンズ設計により、歪曲効果を減らし、より引き付けられるような映像を実現。レンズキャップには、二層の指紋防止コーティングが施され、直射日光の下での撮影でもグレアを低減します。

3軸メカニカルジンバルには10年以上にわたる開発経験をフィードバック。EIS(電子式映像ブレ補正)技術であるRockSteady(ロックステディ)を搭載したDJI初のハンドヘルドカメラとなります。高性能安定化アルゴリズムは、4K/60fpsを撮影する場合でも、EISと連携して滑らかで安定した高画質の動画であらゆる動きを撮影。また、Osmo Actionは、4K/30fpsでのハイダイナミックレンジ(HDR)動画撮影が可能で、明暗差の激しい環境でも、しばしば失われる豊かなディテールを映します。また、OSMO ACTIONのバッテリー駆動時間は、RockSteady有効時に4K/30fpsでの録画では93分、RockSteady無効時に1080p/30fpsでの録画は135分。スピーカーは高音質な設計となり、2つのマイクにより、音声操作機能(英語・中国語)でOSMO ACTIONを声で操作することもできます。アクションカメラは長時間使用することで、熱を持ち、バッテリーに不具合を与えることが問題とされていましたが、長時間の撮影に対応するため、筐体には従来から16%向上したという冷却システムも備えられました。

OSMO ACTIONは、幅広く創造性に富んだ機能をカメラに内蔵し、シンプルな手順でアクセスできます。以下の撮影機能が盛り込まれました。

  • スローモーション:1080p 240fpsの8倍スローモーションと、1080p 120fpsの4倍スローモーションの撮影が可能で、刺激的なアクションシーンを撮影したい時は効果を発揮。
  • タイムラプス:数分間の映像を数秒にまとめるタイムラプス。周りの状況がスピーディに動き続け、ユニークなコンテンツを撮影できます。
  • カスタム露出設定:最大120秒の長時間露光を可能にする手動および半自動の設定により、夜空の星を撮影できます。

また、Bluetooth、Wi-Fiを搭載することで、スマートフォンとの連携も実現しました。DJI Mimoアプリを使って繋ぐことができ、カメラの操作をスマートフォン上で行い、用意されたテンプレートで手軽に映像編集が行えることも魅力の1つです。

 

使い勝手を拡張するあらゆるアクセサリーパーツ

アクセサリーパーツは今後順次追加発売が予定されています。

  • 防水ケース:防水ケースは、鮮明な画像を提供する高強度ガラスを採用していて、水深60mまでデバイスを保護します。
  • 3.5mm アダプター:外付けのマイクアダプターを使用すると、プロ仕様の録音に3.5mm標準プラグのマイクを接続できます。
  • 延長ロッド:延長ロッドには、回転式のモバイル端末ホルダーと、¼インチねじアダプターが付属しています。
  • フローティングハンドル:滑り止めグリップが付いた握りやすいフローティングハンドルは、水中での撮影時にOsmo Actionを浮いた状態に保ちます。
  • フィルター:Osmo Actionには、ND、偏光子および水中フィルターがあります。NDフィルター(ND4、ND8、ND16、ND32)はさまざまな環境での露光量を減らし、偏光フィルターは反射を減らし、色の彩度を高めます。水中フィルターには、海水用のオレンジ色と、淡水用の紫色があり、水中の撮影シーンを自然な色を再現します。
  • 充電ハブ:充電ハブは、最大3個のバッテリーを130分以内に同時に完全充電します。

OSMO ACTIONがマウンテンバイクの競技で活躍!


発表会にはマウンテンバイクプロライダーの永田隼也選手による特別映像が公開されました。
永田選手はOSMO ACTIONで撮影を行い、インプレッションを発表しました。

以前からDJI MAVIC PROなどのドローンを使ってきましたが、陸も空も全てを含んだ映像が作れたら面白いと考え、OSMO ACTIONで撮影してみました。より現実に近い目線で映像を作ることができ、振動の多いマウンテンバイクのハンドルに装着してもブレることがなく、前後両方にディスプレイがあるので自分を撮影する際にも画角をしっかり確認することができます。

どんな環境でも使えることがなによりも魅力的です。DJI Mimoとの連携も必須で、SNSにリアルタイムですばやく発信ができるのがありがたいですね。また、大自然で行われる非日常な雰囲気をリアルに伝えることができるので、競技の周知にも役立てられます。

エンデューロ競技は1回のコースに対して、1回限りの練習しかできないので、コースの詳細を明確に記憶しておく必要がありました。OSMO ACTIONで練習走行を録画して記録に留めておけば、本番に役立てられるので、趣味の撮影以外にも色々な活用方法が考えられそうです。

と好印象なコメントを述べました。


@DJI JAPAN株式会社ーOSMO ACTION

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。